ネコの慢性腎不全は治らない病気ではありません!

ネコの慢性腎不全は治らない病気ではありません

猫の腎不全

『慢性腎不全』とは、腎臓の病気であり、”不全”と病名に使われていますが、治療が全く意味がないわけではありません。高齢の猫が慢性腎不全を発症したとしても、慢性腎不全は治る確率もありますし、生存率が0なわけではありませんので、飼い主の皆さんは気を落とさずに、諦めてはいけません。

 

慢性腎不全だとしても、獣医による正しい治療によって、病気を克服できる可能性もありますし、長生きする可能性だってあります。
飼い主が諦めてしまえば、その処置さえ出来なくなりますので、不全だからといって諦めるのでなく、獣医と相談しましょう。
必ずしも入院するわけでなく、定期的な治療に加え、在宅医療も一般的になっています。例えば、食事療法など。
自宅にいるだけでも、猫はリラックスできますから、飼い主の皆さんの支えも必要なのです。
リラックスできる環境を整えて、猫の身体のことを考えて挙げましょう。

 

また、慢性腎不全に限らず、リスクの高い病気は、早期発見が重要になります。
早期発見、早期治療、正しい診断と治療を行うことによって、結果には違いがあります。
一概には言えませんが、中年から高齢にかけて発症率が高くなるので、健康な猫だとしても、年を取ってきたら、特に健康には注意してあげましょう。

 

猫の腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫の腎不全


喜びの声も届いております!

猫の腎不全 猫の腎不全
猫の腎不全 猫の腎不全

猫の腎不全

 

ワンちゃんの下痢でお困りでしたら
⇒犬の下痢の治療方法

 

腎臓に良い食べ物はなに?



このページの先頭へ戻る