猫の慢性腎不全の検査方法一覧

猫の慢性腎不全を調べる場合、前提として病歴の聴取と身体測定が行われます。飼い主に対し、過去の病気の有無と普段の食生活などが確認されます。そして、検査の前に体重を測定することになり、過去の体重と比較します。

 

それから、下記の検査が行われることになり、あらゆる可能性を調べます。

  • 尿分析→合併症を調べる
  • 尿培養→尿路感染の除外の可能性を調べる
  • CBC→血球計算
  • 血清生化学的検査→蛋白の可能性を調べる
  • 血圧測定→腎不全の場合は高血圧が多くみられる
  • 眼底検査→高血圧による網膜症の検出と他疾患の可能性
  • ウイルス検査→FeLVやFIVなどの有無
  • 心電図→心筋症や電解質障害の有無
  • X線検査→腎の大きさや結石を調べる

その他、獣医の判断によって、さまざまな検査が行われ、腎不全を正確に判断していくことになります。
ただし、各検査には費用がかかるものなので、飼い主の予算の問題があれば、獣医に相談することで考慮されます。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全


このページの先頭へ戻る