猫の慢性腎不全とBUNの数値について

猫腎不全

慢性腎不全が疑われる場合、BUN(尿素窒素)も調べられます。慢性腎不全の場合、BUNが「60mg/dl」以下を示した場合には、嘔吐や食欲不振といった症状が起こらないはずなのですが、もし、症状を伴っている場合には、他の合併症を起こしている可能性も高くなります。
60mg/dl以下で症状がないのであれば、正常と考えられます。
また、BUNの値が「90mg/dl」以上の場合には、『高窒素血症』の症状が引き起こされると予想されます。この時、クレアチニンの指数は6mg/dl以上にあたるはずです。

 

ただし、食後の場合は、高窒素血症の診断されやすくなるので、この検査を受ける場合には食事を抜いておく方が正しい判断につながります。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全



このページの先頭へ戻る