猫の慢性腎不全の治療方法と食事療法

猫腎不全

猫の慢性腎不全が発見された場合、その状態に合わせて治療が行われます。
腎臓の機能が失われた場合、正常な状態に戻らないと言われていますが、発見当時の状態と治療によっては、長期生存の可能性もあります。
皮下輔液や降圧剤の投与などによって、病気の進行を防ぎ、食事療法を併用するのが一般的です。定期的に獣医の診察を受けて、治療を行うほかで、自宅ではリラックスできる環境を作り、食事によって調整を行います。
たんぱく質やリンを制限した、腎臓に対する負担の少ないキャットフードを利用することになります。いわゆる、病院食というもので、動物病院などで販売されているものを、獣医の判断のもと利用することになります。

 

自宅での食事療法を行いながら、病気の進行を防ぐ治療を行い、出来るだけ身体の状態を整えて、長期生存を目指すことになります。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全



このページの先頭へ戻る