猫の慢性腎不全は飼い主の支えが必要

猫腎不全

大切な猫が慢性腎不全と診断された場合には、適切な治療をしながらも、飼い主の支えがなにより必要となります。獣医による治療は、腎臓病の進行を防ぐためであり、基本的には自宅治療となるので、飼い主の支えは必要不可欠です。
病院食による食事制限を行うのも大切ですが、猫のために、生活環境を整えてあげるのも、長期生存や猫が幸せな予後を送るために重要なのです。

 

室内ではリラックスできる環境を作ってあげましょう。それから、水分補給が必要になりますから、キレイなお水を常備しておくのも大切です。睡眠や休息も必要になりますから、ストレスを防いだ環境のもとで、ゆったりとした生活を送るようにして挙げましょう。
この時期な食事療法も行われているので、医師に相談し、慢性腎不全に応じた食事を行ってください。それ以外の食べ物は与えないようにしましょう。たんぱく質を抑えるのが一般的です。たんぱく質などが多いと、腎臓に負担をかけてしまうので、注意しましょう。
大切な家族が病気になったのですから、その休養を飼い主が支えてあげるべきなのです。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全



このページの先頭へ戻る