猫の慢性腎不全と予後の生活について

慢性腎不全と診断された場合、腎臓の状態に応じた治療が行われます。定期的に獣医による治療を受けながらも、基本的には自宅での休養となります。
腎臓の機能が失われた場合、それは回復することがないとされていますが、最低限の治療は必要です。状態によっては、長期生存も可能です。
入院をすることもありますが、症状が落ち着いた場合には、自宅での治療となるので、飼い主がさまざまなことを気にかけるべきです。

 

慢性腎不全の予後に注意すること
  • 脱水症状を防ぐために、キレイな水を常備すること
  • カリウムは維持し、カルシウムとリンの恒常性を維持する
  • タンパク質とリンを制限し、食事両方を行う
  • 猫にストレスを与えない看護を行う
  • 獣医の判断に従い、定期的に治療を受けること

1週間に1度など、定期的に治療を受けることになります。この時、タンパク質や高血圧の検査や、X線・腹部超音波による検査を行うことがあります。初回の時点で検査は行いますが、進行具合の確認のためにも検査が必要になります。
主に飼い主が付き添う形になるので、獣医に予後の生活について相談しておきましょう。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全


このページの先頭へ戻る