猫の慢性腎不全が発見された場合の治療内容

猫腎不全

猫の慢性腎不全は、中年から高齢にかけて発症率が高くなります。慢性腎不全が発見された場合、クレアチニンの指数に応じて、その状態を調べることになります。その際の、腎不全の状態に合わせた治療が行われることになります。
慢性腎不全は治らないと言われていますが、進行を防ぎ、状態によっては長期生存も可能となっています。ですから、治療は必要ですし、獣医の判断も重要になります。
基本的には集中治療で無い場合は、自宅での療養となります。定期的に獣医に診察してもらうことになり、1週間に1度の場合もあれば、3ヶ月に1度の定期検診を行うこともあります。

 

自宅での治療としては、食事療法です。たんぱく質やリンは腎臓に負担となるため、両方を抑えたキャットフードを利用することになります。獣医から指示を受けるはずですが、それ以外の食べ物は控えましょう。
また、せいかつの環境としては、リラックス出来る環境を整えてあげるのも大切です。猫のストレスを緩和し、リラックス状態を意識しましょう。

 

それから、貧血や高血圧など、同時に発症している症状に合わせて、治療方法が異なります。検診による状態に応じた治療を行うことになるので、詳しく獣医に相談し、指示に従いましょう。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全



このページの先頭へ戻る