猫の慢性腎不全を簡易検査で判断する方法

猫腎不全

猫の慢性腎不全には、あらゆる腎臓病が関連していますが、その腎臓病によって検査方法が異なります。必要があれば、X線や血液検査によって、診断することになりますが、獣医による触診や身体測定によっても、判断材料となります。

 

まず、猫の慢性腎不全の症状として、脱水症状や体重の減少が見られます。
獣医に診断してもらう場合、真っ先に体重が測定されるはずです。過去の体重データと比較し、今の体重から病気の可能性を考えます。
それから、皮膚の弾力性で脱水の状態を調べることになり、他に触診によって、腎臓や膀胱を調べます。
口腔内の状態や、皮膚・筋肉など、目と手で検査できる簡単な方法でも、慢性腎不全の可能性を調べることが出来ます。そこから、獣医の判断で検査が行われ、詳しく調べられることになるでしょう。

 

素人である飼い主には難しい検査方法ですが、体重の減少が見られたり、脱水症状の様子がある場合には、腎不全の可能性を考え、早期に獣医に相談するべきです。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全



このページの先頭へ戻る