猫の慢性腎不全を正しく判断するためには

猫腎不全

猫の慢性腎不全を判断する材料として、腎臓の血液検査が挙げられます。この腎臓の血液検査から、慢性腎不全を判断することがありますが、血液検査には落とし穴があります。
腎臓の血液検査では、75%以上の機能が失われていないと、その数値があらわれません。要するに、6割の異常があったとしても、正確に数値としてあらわれないため、判断材料としては貧しいのです。
ですから、腎臓の血液検査だけでなく、他にも検査をお粉必要があります。

 

血液検査ですと、検査内容から何でも把握できるように思えますが、上記のようにあらわれる数値の条件があるため、早期発見するあためには、他の検査も必要になります。
例えば、尿検査による尿や蛋白クレアチニン比を調べることや、X線検査、腹部の超音波検査などが必要になるでしょう。
また、前提としてですが、獣医による触診でもある程度の判断はできるとされています。触診と身体測定に加え、血液検査以外の検査を行うことで、猫の状態を事細かに調べられることが出来ます。
猫の状態に不安があり、それでも血液検査のみの判断をされた場合には、獣医に相談してみるべきです。
例えば、血液検査で問題なしと判断された数週間後に慢性腎不全と判断されることもあるのです。こういったトラブルを防ぐためにも、血液検査以外の検査方法も把握しておきましょう。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全



このページの先頭へ戻る