猫の『慢性腎不全』という病気について

猫腎不全

猫を飼育されている方にとって、その猫は大切な家族ですよね。
猫は人間よりも年を取るのが早く、人間と同じように年齢を重ねることで、病気を発症しやすくなります。
高齢になると、いわゆる『慢性腎不全』という病気を発症しやすくなります。

 

この慢性腎不全は、年齢を重ねた猫の発症率が高い病気なので、猫を飼われているなら、覚えておくべきです。
犬の慢性腎不全に比べて、猫の慢性腎不全の発症率や約2,3倍とも言われています。ですから、「うちの猫に限って」と考えず、その病気について理解しておきましょう。
慢性腎不全は先天性もしくは遺伝性の可能性もありますが、年齢を重ねた中年から高齢の猫には多い病気です。
また、もしも、『慢性腎不全』と診断された飼い主の方は、気を落とさずに、回復の可能性を信じましょう!

 

慢性腎不全といっても、治療次第で、回復する猫もたくさんいます。いわゆる、腎臓の疾患、腎疾患のことですから、治療が無意味な行為とも言い切れないのです。
ですから、きっと治ることを信じ、しっかりと治療を行ってあげましょう。また、その病気を発症して、早期に発見することも重要ですから、まだ病気を発症していなくても、その可能性を配慮し、普段の生活から猫の健康を考えてあげましょう。

 

飼い主の皆さんが、その病気について理解しておくことは、ネコの長生きのためにも大切なことです。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全



このページの先頭へ戻る