猫の慢性腎不全とは

猫腎不全

慢性腎不全という病気は、高齢の猫に発症しやすいものです。発症率は高く、特に『メインクーン・アビシニアン・バーミーズ・ロシアンブルー・シャムネコ』という種類の猫の発症率は高いとされています。
慢性的な腎不全の病気なのですが、慢性腎不全の原因は明確になっていません。要因としては、尿細管間質の繊細化が有力説ではありますが、はっきりと分かっていないので、どの猫にも注意が必要です。

 

慢性腎不全の疑いがある場合、腎臓の血液検査を行います。その結果、尿素窒素・血清クレアチニンの数値が高い場合には要注意ですが、高くなくても、安心できる問題ではありませんのでご注意ください。
なぜかというと、この検査による数値の上昇は、腎臓の機能が約75%失われた場合でないと、判断できないからです。頼れる獣医師であれば、検査以外の方法でも注意点を調べてくれるはずですが、飼い主の皆さんも、それについては理解しておきましょう。

 

中年から高齢にかけて発症しやすい病気ですが、これまで発症した病気が関連して慢性腎不全を起こしやすくなる可能性もあります。
それから、慢性腎不全だけが注意すべき病気というわけでなく、高齢の猫の場合は、あらゆる病気を発症しやすくなります。
例えば、高血圧症や糖尿病、感染症、尿石症などなど。また、梗塞などの怖い病気も引き起こしかねませんので、年齢を重ねたら、特に猫の普段の生活を気にかけてあげましょう。なにごとも、早期発見が重要です。

 

猫腎不全


2分40秒辺りからご覧ください!


猫腎不全


喜びの声も届いております!

猫腎不全 猫腎不全
猫腎不全 猫腎不全

猫腎不全



このページの先頭へ戻る